×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ ABKタイ語検定

資格概要

受験資格

制限なし

試験内容

1次試験 / 筆記試験・リスニング
2次試験 / タイ人と日本人面接官による口頭試問

5級
文字の読み書きができること。基本的文法を理解し、表現できること。初級単語の読み、およびごく初歩的な会話(あいさつ以上)・文章の聴き取りができること。語彙数約500。
4級
文字が自由に読め、旅行で使用でき、意思疎通が可能なこと。一般文法を理解し表現できること。基本単語の読み、および初歩的な会話・文章の聴き取りができること。語彙数2000程度。
3級
日常会話および新聞や雑誌の一般記事(特に専門用語を含まないもの)などの大意をつかむのに必要な文法・語彙を有しており、正しい発音ができること。旅行で困らないこと。常用単語の読み書き、および文章の聴き取り、組み立てができること。
2級
社会生活に必要なタイ語を正確な発音で使いこなすことができタイでの日常生活に困らないこと。仕事の場面でも使え、新聞や雑誌の社会面を読み、訳すことができること。また、一般通訳、翻訳に不自由しないこと。
1級
極めて高度なタイ語運用能力を有し、新聞・雑誌の政治・経済面、一般文献なども読みこなし、法廷・会議通訳、一般翻訳などができること。

試験日程

■2級
1次試験 / 11月上旬頃
2次試験 / 12月上旬頃

■3級
1次試験 / 5月中旬、11月上旬頃(2回)
2次試験 / 6月中旬、12月上旬頃(2回)

■4級・5級
1次試験のみ / 5月中旬、11月上旬頃(2回)

試験会場

1次試験 / 札幌(春季のみ)東京、名古屋、大阪、広島(秋季のみ)
2次試験 / 東京、名古屋

受験料

1級 / 8,400円
2級 / 8,400円
3級 / 6,300円
4級 / 5,250円
5級 / 4,200円

合格発表

5級、4級は試験後1ヶ月以内に、3級〜1級は1次試験について3週間以内に受験者全員に郵便で結果を通知

補足情報

ホームページ

(社)タイ経済協力協会

(社)タイ経済協力協会
(財)アジア学生文化協会



お問合せ先

(財)アジア学生文化協会 03-3946-4121