×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 秘書検定

資格概要

トップの仕事が効率的にはかどるように、ありとあらゆる手助けをするのが秘書の仕事です。「テキパキと仕事を処理すること」、「ミスがなく注意深いこと」、「周りの物事によく気が付き、コミュニケーション能力が高いこと」が 秘書に求められる能力です。試験で問われる内容は、ビジネスレター、ビジネスマナー、ビジネス用語、敬語、電話応対など。秘書を目指す方はもちろん、人事や総務などの事務系から営業窓口まで、ビジネスマナーを身につけたい方に人気です。

受験資格

制限なし

試験内容

■1級
○1次試験
1. 秘書の資質
2. 職務知識
3. 一般知識
4. マナー・接遇(実技)
5. 技能(実技)

○2次試験(面接試験) / 報告・対応に関する質疑応答(2人づつ15分程度)


■準1級
○1次試験
1. 秘書の資質
2. 職務知識
3. 一般知識
4. マナー・接遇(実技)
5. 技能(実技)

○2次試験(面接試験) / あいさつ・報告・対応に関する質疑応答(3人づつ10分程度)


■2級
1. 秘書の資質
2. 職務知識
3. 一般知識
4. マナー・接遇(実技)
5. 技能(実技)


■3級
1. 秘書の資質
2. 職務知識
3. 一般知識
4. マナー・接遇(実技)
5. 技能(実技)

試験日程

2月上旬頃(2級、3級)、6月下旬頃、11月上旬頃(3回)

試験会場

全国各地

受験料

1級 / 6,000円
準1級 / 4,800円
2級 / 3,700円
3級 / 2,500円

合格発表

3月下旬頃(2級、3級)、7月下旬頃、12月下旬頃

補足情報

ホームページ

(財)実務技能検定協会



お問合せ先

(財)実務技能検定協会秘書検定部 03-3200-6675