×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 放射線透過試験技術検定

資格概要

受験資格

【B種基本級】 6か月以上放射線透過写真撮影、写真処理及びそのきずの像の分類(等級分類)の作業経験を有する者。

【T種専門級】 B種基本級資格を有する者。ただし、B種基本級資格を有しないが、T種の講習会を受講し修了した者は、B種基本級と同時に受験できます。また、NDIS 0601により認定された放射線検査2種及び3種技術者は、B種基本級を省略して受験できます。

【F種専門級】B種基本級資格を有する者。ただし、B種基本級資格を有しないが、F種の講習会を受講し修了した者は、B種基本級と同時に受験できます。また、NDIS 0601により認定された放射線検査2種及び3種技術者は、B種基本級を省略して受験できます。

試験内容

【学科試験】
1. 溶接部の検査一般
2. 金属材料とその溶接
3. 放射線発生装置
4. 放射線の遮蔽
5. 写真材料
6. 放射線透過写真撮影方法
7. 写真処理
8. 法規など

【実技試験】
1. 放射線透過写真撮影
2. 写真処理
3. 透過写真の確認・傷の像の分類

※実技試験の撮影用試験片と撮影対象は以下のとおりです。
B種 - 板厚4mmの平板突合わせ溶接部
T種 - 管圧6mm、外径100mmの管突あわせ溶接部
F種 - 板厚6mm、T形の隅肉溶接部

試験日程

1月、6月、7月、11月(4回)

試験会場

東京、大阪

受験料

8400円

合格発表

(社)軽金属溶接構造協会 非破壊試験技術検定委員会 03-3863-5545

補足情報

ホームページ

http://www.jlwa.or.jp/sikaku/index.htm



お問合せ先

(社)軽金属溶接構造協会