×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 公認会計士

資格概要

公認会計士とは、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする資格。
資格を得るには金融庁・公認会計士・監査審査会の実施する国家試験に合格しなければならない。その難易度は司法試験、不動産鑑定士などと並んで非常に高い。

受験資格

■一次試験:性別国籍制限なし
■二次試験:一次試験合格者、一次免除者
■三次試験:二次試験合格者(会計士補)で公認会計事務所等で実務経験1年以上。なおかつ、監査証明業務等について2年以上の実務経験者で通算3年以上の者。

【一次試験免除条件】
1. 大学、短大、高等専門学校卒業者、または同等の能力と認定された者
2. 高等試験予備試験、司法試験1次、不動産鑑定士1次試験に合格した者
3. 大学において2年以上在籍し、44単位以上取得した者
4. 一定の要件を満たす専修学校の専門課程を修了した者

【二次試験免除条件】
大学教授、助教授で3年以上教育に従事している者、博士号取得者、司法試験合格者は当該専門科目の試験が免除。

試験内容

短答式試験
財務会計論 180分40問
管理会計論・監査論・企業法 各90分・20問

論文式試験
会計学、監査論、企業法、租税法、選択科目(経済学、民法、経営学、統計学から1科目選択)
会計学300分・大問5問、それ以外の科目 各120分・大問2問



※試験制度の変更に伴い、旧2次試験に当たる試験の合格者は「会計士補」とは呼ばれず、「公認会計士試験合格者」になります

試験日程

短答式試験 / 5月最終週の日曜日・6月第一週の日曜日
論文式試験 / 8月

試験会場

北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、熊本、福岡、沖縄

受験料

19,500円

合格発表

補足情報

ホームページ

金融庁
日本公認会計士協会 公認会計士試験Q&A



お問合せ先

関東財務局理財第一課 048-600-1117
近畿財務局理財課 06-6949-6366
北海道財務局理財課 011-709-2311
東北財務局理財課 022-263-1111
北陸財務局理財課 076-292-7852
中国財務局理財課 082-221-9221
四国財務局 087-831-2131
九州財務局理財課 096-353-6351
福岡支局財務局理財課 092-411-7281
沖縄総合事務局理財課 098-862-1451
金融庁総務企画局市場課公認会計士試験係 03-3506-6000