×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ オラクル認定技術者制度 ORACLE MASTER

資格概要

オラクル認定技術者制度とは、日本オラクル社が世界で高い評価を受けているOracle製品に関する技術者を認定する制度です。ORACLE MASTERの認定を受けるためには、日本オラクル社の試験に合格する必要があり、合格した試験科目の組み合わせにより5種類の認定技術資格を取得できます。

受験資格

制限なし

試験内容

■ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 10g
Oracle Enterprise Manager等を活用し、データベース管理者として必須となる管理業務を行うための知識を認定する資格です。


1Z0-041J  Bronze DBA10g
データベース管理
インストールおよびデータベース作成
Oracle Enterprise Manager Database ControlおよびSQL*Plusの使用
ネットワーク環境の構成
Oracleインスタンスの管理
データベース記憶域の管理、
ユーザーおよびセキュリティの管理
スキーマ・オブジェクトの管理、
バックアップおよびリカバリの実行
データベースの監視およびアドバイザの使用


1Z0-017J  Bronze SQL 基礎 I
基本的なSQL Select文の作成
データの制限およびソート
単一行関数
複数の表からのデータの表示
グループ関数を使用したデータの集計
副問合せを使用した問合せの解決
データ操作
オブジェクトの作成および管理

■ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g
Oracle Database 10gのインストールや環境構築、バックアップリカバリなど、大規模データベースの管理者として必要な知識を持つ技術者を認定する資格です。


1Z0-042J  Silver DBA10g
Oracleソフトウェアのインストール
Oracleデータベースの作成
データベースへのアクセス、
データベースの制御
記憶域の構造
ユーザーの管理
スキーマ・オブジェクトの管理、
PL/SQLオブジェクトの管理
セキュリティの管理
ネットワーク環境の構成、
パフォーマンスの監視
予防的メンテナンス
UNDOの管理
ロック競合の監視と解決、
バックアップおよびリカバリの概念
データベースのバックアップ
データベースのリカバリ


■ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g
Oracle Database 10gを効率的に運用するためのパフォーマンス診断やそれに基づくチューニング、各種リソースの管理に関する知識を有する技術者を認定します。


1Z0-043J Gold DBA10g
グローバリゼーション・サポートの使用
Oracle Listenerへのアクセスの制御
Recovery Managerの構成
Recovery Managerの使用
診断ソース
非クリティカル・ファイルのリカバリ
データベース・リカバリ
フラッシュバック・データベース
ユーザー・エラーからのリカバリ
データベース破損の処理
自動管理
記憶域の管理と監視
自動記憶域管理
メモリーの管理と監視
リソースの管理
スケジューラを使用したタスクの自動実行

試験日程

祝日を除く、月〜土曜日

試験会場

全国のプロメトリック公認試験会場

受験料

各科目 15,750円

合格発表

試験終了後、即時

補足情報

ホームページ

プロメトリック
日本オラクル



お問合せ先

プロメトリック 0120-107-737