×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 歯科医師国家試験・予備試験

資格概要

国家資格である歯科医師免許を取得するための国家試験である。歯科医師法第2条、第6条の規定により、歯科医師になるためにはこの試験に合格し、その後歯科医籍に登録し、厚生労働大臣から免許を受けなければならない。現在、歯科医師過剰問題などの問題のため歯科医師国家試験の難度が高められ、相対評価の導入や問題の難化など大幅な施策を講ずると言われており、実際に近年の合格率は70%台であり、いわゆる「資格試験」「確認試験」から「選抜試験」に変化している。

受験資格

【歯科医師国家試験】
1. 大学に於いて正規の医学課程を修了した者。
2. 歯科医師国家試験予備試験の合格者で1年以上診療、口腔衛生に関する実地訓練を行った者。
3. 外国の歯科医学校卒業者又は、歯科医師免許取得者で1.2.と同等以上の学力・技能の習得者。

【歯科医師国家予備試験】
外国の医学校卒業者又は、医師免許を得た者で、厚生大臣が認定した者。

試験内容

【歯科医師国家試験】
■必須問題・・・基礎医学系問題が中心
■総論問題・・・歯科保健医療総論
■一般問題・・・歯科疾患の予防・管理/歯内療法学/歯周療法学/ 保存修復学/全部床義歯学/部分床義歯学/クラウン・ブリッジ学/小児歯科学/歯科矯正学/口腔外科学/歯科放射線学/歯科麻酔学

【歯科医師国家予備試験】
■学説試験・・・1. 解剖学、生理学薬理学、病理学、細菌学 / 2. 口腔外科学、保存学、補てつ学、矯正学
■学説試験・・・実技試験

試験日程

3月中旬位の2日間

試験会場

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、福岡

受験料

【歯科医師国家試験】18,900円
【歯科医師国家予備試験】1. 学説試験 / 35,000円  2. 実技試験 / 35,000円

合格発表

4月中旬位

補足情報

ホームページ

厚生労働省



お問合せ先

厚生省健康政策局医事課試験免許室国家試験係 03-5253-1111