×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 手話通訳士

資格概要

受験資格

年齢が20歳(一次試験日現在)以上である者
(目安として通訳経験3年以上)

試験内容

■1次試験 (四肢択一方式)
1. 障害者福祉の基礎知識
2. 聴覚障害者に関する基礎知識
3. 手話通訳のあり方
4. 国語
5. 手話の基礎知識

※前回、前々回に1次試験に合格している者については、申請により、1次試験が免除されます。


■2次試験
1. 聞き取り (音声を聞き取り同時に通訳します。 )
2. 読み取り(口頭) (ビデオを見ながら口頭で通訳します。)
3. 読み取り(筆記) (ビデオの手話を筆記で通訳します。)

試験日程

一次試験 / 9月下旬頃
二次試験 / 11月下旬頃

試験会場

一次試験 / 東京、大阪、熊本
二次試験 / 東京、大阪

受験料

18,000円

合格発表

補足情報

ホームページ

社会福祉法人聴力障害者情報文化センター
国立身体障害者リハビリテーションセンター学院



お問合せ先

社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター 手話試験部
03-3356-1634