×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ 溶接管理技術者

資格概要

溶接管理技術者の業務内容は、2級が溶接および関連作業の監督指導や現場管理など、1級は溶接一般の施工管理と技術管理、施工基準の決定など、そして特別 級は施工や管理に関する統括的な職務を担当する。溶接の技術は発電設備、ガス設備、配管、輸送機器などあらゆる産業で利用されている。溶接構造物の安全性 や信頼性確保には確かな技術が不可欠であり、高い技術と知識を備えている証明となる溶接管理技術者資格のニーズは高い。

受験資格

学歴、実務経験などで細かく規定されている。詳細はホームページでご確認ください。

試験内容

【筆記試験】( 1級・2級 )
1.溶接法
2.溶接機器
3.溶接治金
4.溶接材料
5.溶接力学
6.溶接設計
7.溶接施工および管理
8.安全衛生
9.試験検査

( 特別級 )
これ以外に、筆記2が与えられ、材料、溶接製、設計、施工管理、溶接法などからの出題がある。

【口述試験】
溶接施工および管理に関する溶接管理技術者の経験および知識

試験日程

筆記:6月、11月
口述:筆記の約1ヵ月後

試験会場

筆記:全国7箇所程度で実施
口述:東京、大阪

受験料

2級 筆記:12600円 口述:21000円
1級 筆記:12600円 口述:21000円
特別級 筆記:12600円 口述:26250円

合格発表

補足情報

ホームページ

(社)日本溶接協会



お問合せ先

(社)日本溶接協会
03-3257-1525