×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ P検インストラクター試験

資格概要

P検インストラクター試験とは、教授能力や受講者に接する態度、教材作成スキルやインストラクション能力にいたるまで、企業や学校で教育をおこなう際に必要なスキルを幅広く測定する検定試験です。

受験資格

P検3級以上の有資格者(前提スキルとして、PowerPointで資料作成ができること)

試験内容

■試験1・・多岐選択問題 (CBT)
1. 教育の開発(教材の選択と使用)
2. 教育実施1(講師の信頼度、フィードバック、動機付け、教育の技法)
3. 教育実施2(効果的な伝達、発表、質問、メディアの利用)
4. 教育の評価(受講者の成績評価、教育実施後の評価、評価結果の報告)
5. 教育の管理(施設管理、受講環境の管理)

■試験2・・プレゼンテーション資料作成 (PowerPointでの資料作成)
1. 資料の作成 (スライド構成、統一感、タイトル、ストーリー、箇条書き、ポイント強調、配色、構図、図形、イラスト)

■試験3・・パソコン操作に関する模擬講習 (インストラクション実技)
1. プレゼンテーション(声と話し方、態度、補助教材)
2. インストラクション(導入、本論、まとめ、質疑応答)

試験日程

2月、6月、10月の中旬頃(年3回)

試験会場

宮城、福島、東京、石川、大阪、兵庫、宮崎、鹿児島

受験料

28,000円

合格発表

約2週間後

補足情報

ホームページ

パソコン検定委員会事務局



お問合せ先

P検コールセンター 03-5338-8784